手放すタイミング

手放すタイミング 中古マンションを少しでも高く売りたいと思うなら、手放すタイミングを逸することがないよう注意しなければなりません。一般的に言って、中古マンションの資産価値は築15年を過ぎると急激に価値が落ちる傾向にあると言われています。そのため、ある程度の価格で売却したいと思うなら、築年数が15年を過ぎる前に売却するのがお勧めです。また、中古マンションをいつ手放したらよいかに関して考えなければならない別の要素は、不動産市場でしょう。

実際、不動産市場が盛り上がっている時期に売却するなら、たとえ物件は同じであっても高値で売却できるからです。現在の不動産市場がどうなっているかに加えて、将来どうなっていくかに留意しながら売りに出すべき時を決定することができます。加えて、中古マンションを手放すタイミングを考えるに当たって、もう一つ考慮したいのは住宅ローンの金利です。住宅ローンの金利がわずか1.0パーセント違うだけでも総額が百万円単位で変わってくると言われており、それゆえに低金利の時が買い時だと考えている人が多いのです。

大急ぎで中古マンションを売るテクニックとは

大急ぎで中古マンションを売るテクニックとは 会社経営者が資金調達を目的として、保有する中古マンションを売ることがよくあります。特に大急ぎで買い手を探したいときには、宣伝に力を入れている地域密着型の不動産会社を積極的に使うべきです。地元で長年営業してきた会社であれば、相場に見合った価格設定をしたうえで全力で買い手を探してくれます。

そのために売り手と買い手のミスマッチも避けられるので、築年数が古い中古マンションの売却もスムーズに行えます。しかし物件探しのスタイルも変化しており、インターネットを使った宣伝を積極的に行うのがトレンドになっています。自社のホームページで積極的に宣伝してくれる会社を選ぶことが、早期のマンション売却への近道です。更に買い手が魅力を感じる条件を提示することが、売るのが難しい中古マンションの買い手を早期に見つける秘訣です。当初の価格よりも1割程度下げたり古い設備をリニューアルすると、築年数が古い物件の魅力も大幅に高まります。